サプリメントは天然成分の商品がおすすめ

サプリメントの成分は天然と合成に分けることができます。天然素材からつくったサプリメントは、植物や動物など自然界に存在している物を加工してサプリメントにします。自然界に存在しているものからつくるサプリメントなので、体内で吸収がされやすい成分となります。

ただし、味にクセがあったり、多くの量を配合することから飲みにくい形状のサプリメントだったりします。天然成分は一つ一つが違うものなので、時期によって必要な栄養素が多かったり、少なかったりということもあります。また、入手できる量も一定にはならないため、天然のサプリメントは、供給が途絶えたり、入手が困難になることもあります。

安定的に製造できない天然成分のサプリメントは、効果が高いというメリットはありますが、商品の販売価格は高くなります。一方で、化学合成でつくられた原材料からつくるサプリメントは、不純物のほとんどない、純粋な物質からつくります。合成のサプリメントは、純度の高い栄養素を使うことから、飲みやすい小さなサイズにしても、必要量を摂取することができます。

人間の体には、異物が侵入したものを体外に排除しようとする機能があり、サプリメントによっては体が受け付けない場合もあるようです。せっかくサプリメントとして摂取したのに、純度が濃い製品であるために、吸収がスムーズに行われないこともあるようです。

食品として販売されているサプリメントは、副作用のリスクが低いという利点がありますが、できるだけ天然のサプリメントにしたほうがいいでしょう。