美肌になるための洗顔方法

美肌になるためには洗顔方法を見直すことも大切です。間違った方法による洗顔をしている人は意外に多く、正しい洗顔方法を知ることで、美肌を手に入れることができます。顔を洗う時は、手やタオルでこすらず、泡で包むようにします。そのためには、洗顔料からまず泡を作り出します。きちんと泡立てることで、汚れ落としをする時に皮膚をこするような必要がなくなります。

肌トラブルが起きにくい洗顔をするためには、皮膚を指でこすらず、泡で包むようにして洗い流していきます。顔の皮膚は、他の部位よりも薄く、しわやしみができにくいとう弱点がありますので、洗顔を行う時には、皮膚への負担がかからないようにします。洗顔料をすすぐ時には、肌よりすこし冷たい32度くらいのお湯ですすぐのがポイントです。

顔の皮脂は30度くらいで溶け出すため、30度以上であれば、無理な力を入れなくても皮脂を浮かして洗い流すことができます。洗顔時に使う湯があまりに熱すぎると、お肌のバリア機能を担っている皮脂成分まで湯に溶けてしまいます。皮膚は、乾燥から肌を守ったり、外界からの刺激を直接受けないように、バリア機能を持っています。

肌がもともと備えているバリア機能を維持するには、顔の洗いすぎをやめ、洗浄力の強すぎる洗顔剤を使わないことです。正しい方法で洗顔をしないと、皮膚の洗いすぎが原因になって、セラミドなどの美肌成分や、油分がなくなってしまうことがあります。